水の中

水槽の記録をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラックネオンハチェット

45cubeの最初期メンバーです。

ブラックネオンハチェット……ではなく、単なるブラックネオンテトラです。

しかしこのメタボっぷりは、なんなんだろう。
この♀ブタ!

ブラックネオン2

性別は判別できませんが、♀のほうが太りやすいようなので♀な気がします。
このさかなを連れてきたときに、グリーンネオン15匹、ブラックネオンテトラ5匹を水槽に放ちました。
しかし、入れてすぐにバタバタと病気で死んでいきました。
結局5匹いたブラックネオンは2匹になってしまいました。

その2匹は2年以上元気に泳いでいましたが、数ヶ月前に1匹がいなくなりました。
このさかながラストブラックネオンです。

インパイクティスケリーを飼うまでは、水槽の暴れん坊で他のカラシンを追い払っては、エサをバクバク食べてどんどん肉をつけていきました。

しかし、インパイクティスケリーがきてからというもの、追われる立場に成り下がってしまったようです。
いまではインパイクティスケリーの目から逃れ、水槽の正面右下が定位置になっています。

ブラックネオン1

新たな仲間を導入することはもうないかもしれません。
しかし、水槽がもっと増やせたら陰性メインの渋い水草水槽で、群泳を見てみたいさかなでもあります。

一般種で軽んじられるさかなかもしれませんが、シックな美しさをもつすばらしいさかなです。
目の上のオレンジのワンポイントが最高です。

なるべく長く元気でこの水槽にいてくださいね。
  1. 2013/01/10(木) 22:30:43|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

わが家のメインフィッシュ


水槽の主はご紹介しましたが、水槽の景色を決めるメインフィッシュはこのさかなです。

グリーンネオンテトラ

グリーンネオン4

カージナルやネオンテトラは飼ったことがありません。
この赤みのない青のラインが好きなんです。
なんというかこのさかなを見ていると“品”のよさを感じるのです。
人によっては地味すぎて味けないように見えるかもしれませんね。
でも、彼らが群泳をしているときの美しさといったら、青い流星が水槽の中に出現したのではないかと錯覚を覚えるほどです。

   グリーンネオン5


水槽をはじめてから2年半になり、いろいろなさかなを飼ってみたい願望があります。
しかし彼らがぼくの水槽からいなくなることはないと思います。

さて、上でも書いたように彼らの最大の魅力は群泳です。

グリーンネオン2

グリーンネオン

1匹1匹の魅力では他のさかなにかなわなくとも、みんなでその美しさを表現して観るものを魅了する。
好きな熱帯魚№1です。
45cubeと60Pという、大きくはない水槽にジャストなサイズもすばらしい。

正月らしさがまったくない、平常運転の記事となりましたが、こんなそっけないブログを観てくださっている皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2013/01/01(火) 23:05:54|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アピストグラマ ビタエニアータ

生体はアベニーばかりを載せていますが、他のさかなも記録に残そうと思います。

テフェf1

45cubeの現在の主、アピストグラマ ビタエニアータ F1です。
黒ずんだミクロソやあちこちにある黒ヒゲは、脳内で補正してないものとして見てください。

父親はテフェのワイルドです。
テフェにしてはなんか派手だなあ、と思った方がいるかもしれません。
それもそのはず、母親はマナキリです。

未亡人になったマナキリのいる水槽にテフェのペアを入れていたら、こんなことになってしまいました。
熱心なアピスト飼いの方からすれば、なんという愚挙を、と思われるでしょうね。

でも、そのあたりのロカリティなんかにいい加減なぼくとしては、うちの水槽で生まれ育ってくれたこのさかなをすごく大切に思っています。
胸びれは父親に似てそこそこ長く伸長しています。ただし、尾びれも胸びれも父親にはかないませんね。
父親の唯一の欠点(というほどでもないですが)だった背びれに関してはこの子どものほうが勝っています。
ツインバーの出方なんかもさすがに親子だけあってよく似ています。

現在の45cubeに君臨すること数ヶ月、やっぱり小魚の中でもドワーフシクリッドは風格があります。
小さいのにやたらと造形が細かいし、刹那に見せる全身のきらめきみたいなものは飼ってみないとわからない素晴らしさですね。
♀へのアピール時や威嚇時は全身がうっすらと透明になることで照明の光を透過し、さかなみずからが光を発しているのではないかと思ってしまいます。

生まれた瞬間から週に1回の水換えやカラシンたちの攻撃に耐え、生き延びてくれたきみに感謝。

この水槽の主として長く君臨しておくれ。

RIMG0100.jpg

↑左は♀のテフェ ワイルドです。
それにしても、もうちょっと水草の管理せんとな……


  1. 2012/12/06(木) 22:50:11|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。