水の中

水槽の記録をしています。

アベニー水槽 リセット!

アクア熱復活しています。
45cに続き、アベニー水槽もリセットです。

s-DSC_3345.jpg

電話やらまな板やらが写っていますが、こんな感じになりました。
この流木はもともと45c用に買ったものですが、45cだと中途半端な大きさだったので、アベニー水槽へ流用しました。
なんとなくマングロブの根元をイメージしてみました。
この流木を入れたらまったく動かせないので、レイアウトもなにもないのですが……
大小4つの流木が入っているので、やっぱり水が茶色くなりますね。
まあ、コケがつきにくくなるので、それもアリかなあ、と思います。

で、この水槽をリセットしたのは、主(ぬし)だったあべちゃんが飛び出し事故で死んでしまったからです。
まあ、死んでしまったのは夏のことなので、けっこう前になるんですけどね。

s-DSC_1412.jpg
在りし日のあべちゃん

残った2匹のアベニーとフレッシュウォーターバンブルビーゴビーに、新しい環境で過ごしてもらおうと飛び出しをしにくい環境にしてみました。

s-DSC_3363.jpg

s-DSC_3365.jpg

s-DSC_3366.jpg

s-DSC_3344.jpg

s-DSC_3343.jpg

水中の水草はボルビだけです。ナナプチとモスは追加しようかなあとは思っています。
で、水上は

s-DSC_3372.jpg
パセリ? いや、ボルビティス ベビーリーフです。

s-DSC_3374.jpg

ヤマサキカズラ、浮き草、ピンクの葉っぱの観葉植物です。
水上の草をもっと追加したいです。モスやボルビも水上葉化させてみます。

【tank data】

■植物(水中)
 ボルビティス ヒュディロティ(トロピカポット) 
■植物(水上)
 ヤマサキカズラ
 ボルビティスsp.ベビーリーフ
 ヒポエステス(ピンク)
 フィランサス フルイタンス
 サルビニアsp.kotori

■生物
 アベニーパファー 2匹(♂♀)
 フレッシュウォーターバンブルビーゴビー 2匹
 ミナミヌマエビ 数匹

■照明
 アクアスカイ 5.5時間点灯

■フィルター
 テトラ オートワンタッチフィルター AT-30

■CO2
 1滴/3秒

ボララス・ブリジッタエ飼いたいなあ……
  1. 2013/11/02(土) 21:55:10|
  2. ■30×18×24
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

リセット

こんばんは、さんみーと申します。

リセットをやるやると言いながら、まったくやらなかったダメ人間です。
しかし、ついにやりました。

45CUBEではなく、アベニー水槽のほうですけどね。
s-DSC_1393.jpg
あ、ボールペンが映り込んでいる。水平が出ていない……

こんな感じです。
ヤマサキカズラの根っこの侵攻と管理できずにドロドロになった水槽に嫌気がさして、こんなことになりました。
レイアウトとかもうどうでもいいー。
という畑水槽です。

素材なんてもういらない!
水草も一般種ばかり、グロッソ、ミニマッシュルーム、ニューラージパールグラス(?)、グリーンロタラ、ロタラロトンディフォリア コロラタ、ハイグロフィラ ピンナティフィダ。
外掛けフィルターにヤマサキカズラ、ミクロソリウム トライデント、ボルビティス。

で、主。
s-DSC_1403.jpg

s-DSC_1412.jpg

で、草。
s-DSC_1416.jpg

s-ヤマサキカズラ

デジイチっておもしろいです。
でも、むずかしいです。

そうそう、上で紹介した水草でニューラージに(?)をつけた理由なんですが、
s-DSC_1417.jpg

みごとな立上がりっぷり!
まあ、忙しくてまったく管理していなかった自分が悪いのですが、これほんとにニューラージ?

リンクしてくださっている皆さんのところへは、今日と明日でうかがいたいと思います。
なんか、仕事のデスマーチが聴こえる……
  1. 2013/06/03(月) 23:40:20|
  2. ■30×18×24
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

北の国から2013 ~ブセ記念日~


届きました。
熱帯とは真逆の世界、北の国から高級草が。
送ってくださったのは、いつもお世話になっているのっけうしさんです。

こんな感じで厳重に梱包されていました。
ぼくと違い、仕事が丁寧です。

届きもの

中身はこちらです。
ブセファランドラ・カユラピス……で、いいのでしょうか。
ブセは縁がないと思っていたので、種類などもまったくわかりません。
しかし、高価な水草だということだけは知っています。

のっけうしさんの水槽で群生しているのと、keibocchiさんの水槽で花芽が出ている記事を読んで興味を示したら、のっけうしさんが背中を押してくださいました。
keibocchiさんにも煽られてしまいましたしね(笑)。

ともあれ、貴重な水草を2株も送っていただき、感謝感激です。
本当にありがとうございました。

ブセ1

うーん、葉っぱがうねうねしていて、おもしろいですね。(←どう鑑賞していいか、わからなくて不安)
どの水槽に入れようかなあ。

ブセ2

本来ならストック的な45cに入れるのですが、今あの水槽に入れるとコケまみれになることまちがいなし。
アベニー水槽と60Pに一株ずつ入れようかな。

ブセ3

そうだ、アベニー水槽をブセ増殖水槽としてみよう。
うん、アベニーとブセを愛でる水槽。うへへ。
いいなあ。60Pをリセットしたとき以来のワクワク感です。

のっけうしさん、この恩返しは必ずや。
取り急ぎ、ピンナティフィダをお送りしますので、しばらくお待ちくださいね。

のっけうしさんから、ブセが届いたので、今日はブセ記念日。(←キモい)
  1. 2013/02/15(金) 23:52:28|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

よく見りゃ、おしゃれなアイツ

バンブルビーゴビー1

アベニー水槽のタンクメイト
フレッシュバンブルビーゴビーです。

タンクメイトって嫁に言うと
「いやあ、なにタンクメイトって。いやらしい」
と意味不明なことを口走り、けらけらと笑っていました。

タンクメイトって言葉、なにかおかしいですか?

あ、バンブルビーですが、汽水に住む種類のものと淡水に住むものがいるみたいですね。
こちらはフレッシュの冠がつくほうなので、淡水種のようです。

バンブルビーゴビー2

よく見ると、こいつはなかなかおしゃれですよね。
黒と黄色(オレンジっぽい子もいる)の太いボーダーを身にまとって、水槽を泳ぐというか、這いまわるというか、そんなところもクールでスタイリッシュです。(←どこが?)

バンブルビーゴビー3

この面構えからもわかるように、けっこう気が強い。
この水槽には2匹のバンブルビーがいますが、しょっちゅう追いかけあいをしています。
このまえなんか、あべちゃんが佇んでいると、尾びれをバクっとやっていましたからね。
まあ、歯はするどくないようなので、実害はなかったようですが。

アベニーとの混泳については相性は悪くないようです。
悪名高いアベニーにひれをかじられることもなく、いたってマイペースで岩場に、ときには水中を漂い、またときにはせわしなく水槽を上下に泳いでいます。

しかし、にくめない顔しているよなあ。
なんか、人間でもこういう顔した人っていますよね。

あ、厄除けのあとカメラを買いに行ったのですが、どこも在庫切れでした。
しかもカメラの某では、先週よりも1万円価格が上がっていました……。
先週、買っておけばよかった……。
カメラはニコンのD7000です。18-105のレンズキットと60mmのマイクロレンズを買おうと思っています。
仕事で使うこともあるので自己投資という名目での購入です。
もともとD5100がいいと思っていたんですが、やっぱり上位機種を使ってしまうと、なんとなく物足りない気がして……。人間、ぜいたくに慣れるといけませんね。
明日、水換えのあと再度電気屋めぐりをしてみます。

RIMG0068.jpg
↑ピンボケ写真を撮られたり、変なタンクメイトを入れられたり、ちょっと迷惑そう。
  1. 2013/01/26(土) 23:59:27|
  2. 生体【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水上の水草

オークロ水上1

アベニー水槽の外掛けフィルターで育てているオークロの水上葉です。
真冬ですが水は温かいため、ゆっくりとではありますが育っています。

オークロ水上2

この草は一般的ですが、好きな人が多いのではないでしょうか。
やわらかそうで、きれいで、密生感があって、丈夫で、育てやすくて……
前景から中景、レイアウトによっては後景までこなせる万能の水草ですよね。
ぼくの60Pでは、暴走してほかの水草をすべてのみ込んだこともありましたが……

水上葉も水中に負けず劣らず、きれいで育てやすいようです。

ピンナティフィダ水上

こちらは、水上突破を果たしたハイグロフィラ・ピンナティフィダです。
水草の水上葉は水面を突き破ってすぐは枯れてしまいますが(水中のつもりで葉を出したら、水上だったので枯れるの?)、こちらの新芽はすでに完全水上化していて枯れることはなさそうです。
んー、毛深い。

ヤマサキカズラ

最後はヤマサキカズラです。
根っこの伸びが恐ろしいです。
ある日、白くて太いなにかが砂から飛び出しているなあ、と思ってよく見ると、ヤマサキカズラの根っこでした。
2~3日で数cmは伸びていたように思います。
そりゃ、水槽の養分を吸うわけだ。

基本的にどの水槽もあまり手をかけずに、水草の生長にまかせっきりのスタイルなのですが、アベニー水槽はむかしからとくに手をかけることがありませんでした。
今回も水上葉をカットせず伸びるにまかせて、植物の力を楽しみたいと思っています。

おまえ水槽メンテが面倒なだけだろ、というおはなしです。
  1. 2013/01/16(水) 00:25:10|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ