水の中

水槽の記録をしています。

水上の水草

オークロ水上1

アベニー水槽の外掛けフィルターで育てているオークロの水上葉です。
真冬ですが水は温かいため、ゆっくりとではありますが育っています。

オークロ水上2

この草は一般的ですが、好きな人が多いのではないでしょうか。
やわらかそうで、きれいで、密生感があって、丈夫で、育てやすくて……
前景から中景、レイアウトによっては後景までこなせる万能の水草ですよね。
ぼくの60Pでは、暴走してほかの水草をすべてのみ込んだこともありましたが……

水上葉も水中に負けず劣らず、きれいで育てやすいようです。

ピンナティフィダ水上

こちらは、水上突破を果たしたハイグロフィラ・ピンナティフィダです。
水草の水上葉は水面を突き破ってすぐは枯れてしまいますが(水中のつもりで葉を出したら、水上だったので枯れるの?)、こちらの新芽はすでに完全水上化していて枯れることはなさそうです。
んー、毛深い。

ヤマサキカズラ

最後はヤマサキカズラです。
根っこの伸びが恐ろしいです。
ある日、白くて太いなにかが砂から飛び出しているなあ、と思ってよく見ると、ヤマサキカズラの根っこでした。
2~3日で数cmは伸びていたように思います。
そりゃ、水槽の養分を吸うわけだ。

基本的にどの水槽もあまり手をかけずに、水草の生長にまかせっきりのスタイルなのですが、アベニー水槽はむかしからとくに手をかけることがありませんでした。
今回も水上葉をカットせず伸びるにまかせて、植物の力を楽しみたいと思っています。

おまえ水槽メンテが面倒なだけだろ、というおはなしです。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/16(水) 00:25:10|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<45cubeの水草差し戻し | ホーム | エビの休日>>

コメント

 すてきな外掛けフィルターですね。

 オークロがろ材代わりでしょうか?

 ピンナティフィダ、いますごく気になる水草です。
 先日,街で唯一と言っていいショップで聞いたんですが、店主は存在すら知らなかった・・・orz
 そういう環境です、のっけ地方。

 ネットのおかげで田舎アクアリストもいろんな情報に触れられる・・・いい時代です。
  1. 2013/01/17(木) 22:06:08 |
  2. URL |
  3. のっけうし #M7chjTgI
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のっけうしさん

コメントありがとうございます。
ろ材はエーハイメックを下層に、サブストラットを上層に入れています。
サブストがハイドロ代りになりそうだったのでやってみました。

これだと水が枯れることはないし、草に必要な養分もあるし、理想的な水栽培です。
テトラの外掛けフィルターのシルバーのふたも悪くはないですが、少し味気なかったので。

ピンナティフィダいいですよ。
使いかたをまちがえると、おどろおどろしい雰囲気になりそうですが。

ネットはほんとうにすごいですよね。
ぼくもブログやショップのHPで情報収集の日々です。
  1. 2013/01/18(金) 00:15:58 |
  2. URL |
  3. さんみー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanmiru.blog63.fc2.com/tb.php/24-ccdf0935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)