水の中

水槽の記録をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2215が……

45cubeで2年半使用していたエーハイム2215のポンプが、うんともすんとも言わなくなりました。
昨日のできごとです。

通電している音は聞こえるのですが、ポンプの作動音がまったくしていません。
自分がマメで器用な人間なら修理を試みるのですが、それとは正反対にいる人間なので新たにポチりました。charmさんで。泣きながら……

せっかく人がリセットをやる気になっていたのに、出鼻を挫くようなトラブルです。
水換えのときに、いつもはポンプを止めずに作業をするのに、昨日は排水パイプのコケ退治をするために電源を抜いて作業をしたんです。

水換えが終了してフィルターのプラグをコンセントに差しこんだら、もう壊れていました。
あっけないもんですね。
その後なん度も電源を抜いたり差したりしていましたが、本気で逝ってしまったようです。
信頼のエーハイムのフィルターが2年半で逝ってしまうとは……。

現在はサブとして使用していた2213をメインに、2215をサブにして水を回しています。
やってはいけない組み合わせですが、2215が明日届くまでの暫定措置です。

2215.jpg


わが家のフィルター構成は、
【60P】メイン2213+サブ2213
【45cube】メイン2215+サブ2213
になっています。
どちらのサブフィルターもポンプのついたものを使用しています。

今回のような故障にはすぐに対応できるので、保険の意味でサブにポンプのついたものを買っておいて正解でした。
サブフィルターも単体で見ると安いですが、ダブルタップを買うとセール中のフィルターと変わらない金額になりますからね。

とりあえず、2215を購入したのでメイン2215+サブ2215で、ろ過層のスペックアップができそうです。
たまたまセールで2215が安くなっていてラッキーでした。
それでもやっぱり8千円の出費は痛いですね。
もう少し欲しいと思っていた流木がどれだけ買えることか……

s-流木組2 s-流木組3 s-流木組4

流木もいろいろ組んでいますが、どれもダメです。
ダメすぎて恥ずかしいので小さな画像をUPしておきます。
前回エントリーのイメージであと2本くらい追加すればそれなりになりそうな気もするんですが……
考えるのがいやになったので、今はアク抜きをしています。(←ダメ人間)

朝から草野球をしたので眠たくてしかたないですが、洗濯をして郵便局に行ってきます。(←どうでもいい情報)
スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 15:28:25|
  2. ■45CUBE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

45cubeリセットに向けて

45cubeリセットに向けて、少しずつ準備をはじめました。
まずは素材の準備ができました。

流木です。
流木といえば、いつも枝というか根というか、ブランチウッドっぽいものばかりを使っていました。
この手のゴツゴツとした流木ははじめて使います。

■正面
流木組正面

5個の流木を組んでいます。
ひとつひとつはけっこう安く買えましたが、まとめて買うとそれなりの出費になりますね。

■側面
流木組側面

cube水槽は鑑賞面が2面あるので、どちらから見てもそれなりに見えるように考えてみました。

■斜め上
流木組斜め上

なんとなくレイアウトっぽく見えて、なおかつ水草を植えるスペースを広く確保できるように。

■側面上
流木組側面上

仮組みで妄想しているときが一番楽しいですよね。
もうちょっといろいろ考えてみますが、イメージ的にはこんな感じで組もうと思っています。
朽ちた流木が転がっていて、そこに下草が生え、背後には背の高い草が流木をのみ込むようなイメージ。

グロッソ、ショートヘアーグラス、ニューラージパール、ブリクサ、クリプト、ミクロソトライデント、ボルビ、パールグラス、ミリオフィラム、グリーンロタラ、ロタラインディカ、ピンナティフィダ、そして、ブセ。

とりあえず、植える水草は今うちにあるものになります。
しかし、3月は休みが少ないから、いつリセットできることやら。
  1. 2013/02/21(木) 23:09:40|
  2. ■45CUBE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

不注意

やってしまいました。

昨日、流木を木酢攻撃したあと、シャワーで木酢液を洗い流しました。
充分に洗い流せただろうと思い、そのまま水槽へ入れたのですが、今朝水槽の水がおかしいことに気づきました。
普段なら水換えの次の日には、クリアな水がよみがえるのですが、今朝は靄がかかったようなにごった水になっていました。

水槽をよく見るとエビの死体が累々と横たわっています。
さかなが苦しそうに水面をただよっています。
そうです。木酢液の影響です。
充分に洗い流せたと思っていた木酢液が、流木からしみ出して水槽に許容を越える量が放出されていたようです。

朝から水槽の水をひと回転させるほどの水換えを行いました。
さかなとエビにすまんすまんと謝りながら。

水換えのおかげでさかなは殺さずにすんだようです。
しかし、エビは20匹以上の大量の犠牲を出してしまいました。

以前、流木のアク抜きが不十分だったとき以来の大量虐殺です。
それでも小さな命が絶えることなく、頑張ってくれていました。
数ヶ月もすれば、ミナミたちは元の数に戻ってくれるでしょう。
小さな生きものたちに感謝です。
飼い主であるぼくが救わなければいけないはずなのに、逆にこちらが救われた思いです。

ミナミ

さて、その45cの現状です。
昨日の写真では水槽の中がまったくわかりませんでしたね……
もともと入れてあった流木の組み方を変えただけです。
リセットまでの暫定水景です。

45c現状1

以前よりも枝が複雑に絡んで、部分的に見るといい感じです。

45c現状2

ぼさぼさだったミクロソリウム・トライデントリーフも大量にまびきスッキリとしました。

45c現状3

流木の向こうにミリオフィラムの梢が見えます。

45c現状4

ビタエニは流木の間が気に入ったようです。

流木の間

ボケボケですが、流木のトンネルをビタエニの♀が泳いでいきました。

流木の間2

細い流木が絡み合う部分をカラシンが泳いでいるのを見ると、なんとも言えず楽しい気分になります。
ぼくは水槽全体より、細かい部分でさかなが遊ぶ姿を見るのが好きなようです。
いいおやじなのに、ガキみたいですね。

流木の間3

今回は大失敗をしてしまいました。
さかなやエビの生命力に救われましたが、今後は不注意で彼らを苦しませることのないように管理をしていきたいと思います。
  1. 2013/02/18(月) 23:54:05|
  2. ■45CUBE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コケ退治しました

s-45cz.jpg

これがコケ退治前夜の水槽です。

45cz2.jpg

そしてこちらがコケ退治後の水槽です。
流木を取り出して木酢漬けにしてやりました。
水草もすべての葉っぱをこすり、コケをそぎ落としました。
これでしばらくはコケが出なければいいのですが……

なぜ、コケ退治に踏み切れたかといえば、やはりこの水草の存在です。

45cブセ

流木の裂け目に根っこをひっかけてみました。
この勢いでリセットを近いうちにします。
やはりアベニー水槽では水草育成に自信がなかったので、45cの環境改善をしてみます。

有給でも取ってやろうかしらん。
  1. 2013/02/17(日) 22:27:07|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

北の国から2013 ~ブセ記念日~


届きました。
熱帯とは真逆の世界、北の国から高級草が。
送ってくださったのは、いつもお世話になっているのっけうしさんです。

こんな感じで厳重に梱包されていました。
ぼくと違い、仕事が丁寧です。

届きもの

中身はこちらです。
ブセファランドラ・カユラピス……で、いいのでしょうか。
ブセは縁がないと思っていたので、種類などもまったくわかりません。
しかし、高価な水草だということだけは知っています。

のっけうしさんの水槽で群生しているのと、keibocchiさんの水槽で花芽が出ている記事を読んで興味を示したら、のっけうしさんが背中を押してくださいました。
keibocchiさんにも煽られてしまいましたしね(笑)。

ともあれ、貴重な水草を2株も送っていただき、感謝感激です。
本当にありがとうございました。

ブセ1

うーん、葉っぱがうねうねしていて、おもしろいですね。(←どう鑑賞していいか、わからなくて不安)
どの水槽に入れようかなあ。

ブセ2

本来ならストック的な45cに入れるのですが、今あの水槽に入れるとコケまみれになることまちがいなし。
アベニー水槽と60Pに一株ずつ入れようかな。

ブセ3

そうだ、アベニー水槽をブセ増殖水槽としてみよう。
うん、アベニーとブセを愛でる水槽。うへへ。
いいなあ。60Pをリセットしたとき以来のワクワク感です。

のっけうしさん、この恩返しは必ずや。
取り急ぎ、ピンナティフィダをお送りしますので、しばらくお待ちくださいね。

のっけうしさんから、ブセが届いたので、今日はブセ記念日。(←キモい)
  1. 2013/02/15(金) 23:52:28|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

訃報と傷害事件



訃報です。
彼が行方不明になりました。生存は絶望的です。
数日前から彼の姿がないことに気がついていました。

エンドラーズ1

エンドラーズです。
お年玉という呼び名で知られているタイプの種類でしょうか。

エンドラーズ♂2

彼を含め、多いときは♂が3匹いました。
最初のペアの♂と水槽で生まれた2匹です。
彼らの写真はほとんど撮っていなかったようです。
写真の彼は最後の1匹でした。

エンドラーズ♂3

こんなピンボケ写真ばかりがフォルダの中に残っていました。
グリーンネオンやその他のテトラは、水槽の中層を泳いでいるので、水面付近で泳いでいる彼らは水槽にアクセントをつけてくれていました。
おまけにエンドラーズは油膜も食べてくれます。
ブラックモーリーほどではないと言われますが、きれいな上に油膜やコケもついばんでくれるいいさかなです。

エンドラーズ♀

ただし、注意しなければどんどん子どもを産んで、増殖しまくります。
上の写真の地味なさかなは、メダカではありません。エンドラーズの♀です。
♀は♂に比べて体も大きく、エサに対しても貪欲です。油膜も♀のほうが食べてくれます。
おなかがパンパンになっても、他のさかなを押しのけてエサを食べ尽くします。
その旺盛な食欲と卵胎生のさかなの繁殖力に恐れをなしたぼくは、45cと60Pに♂と♀を隔離したのでした。

そして45cの最後の♂が水槽から姿を消しました。
60Pの♀は2年以上生きています。寿命も♀が長いようです。
水槽で異彩を放ち、ぼくの目を楽しませてくれてありがとう。
そうそう、繁殖の楽しさをぼくに教えてくれたのもこのさかなでした。
この先は60Pに残った3匹の♀をたいせつにしようと思います。



そして、またあの問題児がやってくれました。
いじめられて45cに避難していたアベニーです。
傷害事件を起こしました。
45cに移ってからも、おどおどしていたので油断していました。
やはり、アベニーはアベニーです。

かじられたヒレ1

ビタエニの尾びれもボロボロです。
最初は♂同士の喧嘩かと思ったのですが、インパイクティスケリーの尾びれもボロボロになっていたことで気づきました。

でも、アベニーを責めることはできませんね。
これが彼らの本能なんですから。

かじられたヒレ2

しかし、さすがに看過できるはずもなく、彼はアベニー水槽へ強制送還となったのでした。
インパイクティスケリーの♀なんて尾びれが半分ほどなくなっていましたからね。

アベニー水槽に戻った彼ですが、♀に追いかけられながらも引きこもりにはなっていません。
もし、ダメそうならアレに隔離しようかな。
アレもけっこうオシャレだし。

  1. 2013/02/10(日) 00:19:04|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

絶不調のキューバパールグラス


60Pのキューバパールが絶不調です。
いや、かなり前から気がついていたんです。
葉色が悪いな、ということに。

60P[1]

地味に広がってはいるんですが、新芽以外は黄色く枯れたような状態に……
すみません、写真は写り込みがひどくてうまく撮れないので、なんとかモードで撮影しています。

60P現状1[1]

上の写真の部分は、まだ状態のいい場所ですかね。
下の写真の部分は、新芽はきれいなんですけれど、それほど古くない葉の色がすぐに悪くなってしまいます。

60P現状2[1]

水で薄めた液肥を底床にスポイトで射ち込んだり、鉄分をまいたりしてようすを見ています。
一時よりは生長が感じられるような気もしますが、油断をすると一気に枯れてなくなってしまいそうです。
水草って難しいなあ。

初期にでていた緑のべっとりゴケは過剰な養分を吸ったのか、だいぶマシになってきました。
思ったよりも早く収束してくれてよかったです。
そのかわり、クロヒゲ繁殖の予兆が……木酢攻撃で小まめに対処します。

……今さらなんですが、親石ちっこいですね。
もう1サイズ大きいやつにしとけばよかったな。
ま、コンテストに出すわけじゃないし、いいことにしよう。

キューバに挫折したら、グロッソかニューラージパールを植えてみようかな。
  1. 2013/02/05(火) 21:31:42|
  2. 水草【60】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

パールグラス


パールグラス1

一番好きな水草です。
みなさんよくご存知の水草、パールグラスです。
うちの水槽では最初期にお迎えした水草です。
最初は10本くらいだったかな。
水槽をはじめたころは水草を少ない本数から増やすのも、楽しみのひとつでした。
一般的な水草なら、差し戻しでどんどん増えるんですよね。

パールグラス2

うちではグリーンネオンに葉先をかじられることが多いみたいです。
おかげできれいな葉が意外と少ないようです。

パールグラス3

明るいグリーンをバックにさかなたちが泳いでいると、すごくきれいです。
1度、有茎草はパールグラスのみにして、水景をつくってみたいと思っています。
パールグラスの森。
育てやすいし、きれいだし、小さな葉も狭い水槽ではちょうどいい大きさです。

パールグラス4

ブセや希少種の水草にはまったく執着がないので、ぼくはやはり水草ライトユーザーなんでしょうね。
これからも一般的なさかなと水草を育てながら、水槽を楽しんでいきたいと思っています。
いつか、もっとマニアックな世界に足を踏み入れることになったら、いろんな方のブログで情報を収集しようと思います。

45cアベニー
↑引越ししたアベニー。元気にやっているみたいです。
  1. 2013/02/02(土) 19:59:02|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。