水の中

水槽の記録をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おかまだったの? いや、おなべ? 男装の麗人? あとプルッカ

さて、数ヶ月の放置のあとは、ちょっとだけマメに更新です。

タイトルにもあるように、わが家の水槽界はビタエニの性転換疑惑の話題で持ちきりです。
もともと45cubeには、
ビタエニf1 ♂2匹
       ♀2匹
ビタエニテフェワイルド ♀1匹
の計5匹が住んでいました。

それが今夏の猛暑や管理不足で♂を相次いで死なせてしまい、そのあと高齢化していたワイルドの♀も死なせてしまいました。
するとそのころから1匹の♀の背びれや尾びれが伸び始め、黄色かった体色も変化して、まるで♂のような姿になるではありませんか。
丸っこかった体型も角ばってきて、本当に♂にしか見えなくなりました。

アピストの性転換についてはネットで噂を聞いていたのですが、どうせガセネタに決まっていると思っていました。
でも、目の当たりにしてしまうと、もう信じるしかないですね。

普通ならもともと♂だったと思うところなんですが、こいつは産卵までしたことがある正真正銘の♀だったんですから。

s-DSC_3144.jpg
s-DSC_3207.jpg

ね? ♂でしょ? 前は体色も黄色くて、尾びれも丸くて背びれも伸びていなかったんですよ。
以前の写真を探しましたが、残念ながら見つかりませんでしたので、信憑性がまったくないと言われてもしかたないのですが……

まあ、以前丹精込めて育てていた♂とは比べ物にならないくらい体も小さいし、スタイルも悪いし、色も薄いしで出来損ないと言われる部類になるんでしょうが、そんなこと関係なしにわが家で生まれたさかなはかわいいですね。
なんとか長生きして欲しいもんです。

あ、ちょっとデカめのf1♂は60Pに1匹残っています。また、今度UPしますね。

で、管理もロクにしないクセにというか、モチベーションを上げようとしたというのか、新しいさかなもお迎えしていました。

s-DSC_3178.jpg

プルッカです。こうして見ると尾びれ付近のバチみたいな黒がラスボラ・ヘテルモルファみたいですね。
地味な一般種なのできっと興味のない人がほとんどでしょうが、さかなに詳しくないぼくはなんか興味をひかれたんですよね。
飼い始めたら丈夫だし、エサは喰いまくるしで、短時間でうちのマグロブラックネオンのような体型に……

次に飼うとしたら、レッドファントム・ルブラかな。最近、体高の高いテトラに興味があります。

なんだか支離滅裂の内容ですが、そんな感じの45cube近況報告でした。
s-DSC_3168.jpg

またねー。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/14(月) 21:26:50|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

もうやだ

忙しいです。
アホみたいに忙しいです。

水槽いじりもブログ更新もブログめぐりもできません。
カメラも価格動向を横目に買いに行けていません。

4月下旬までは、泣きながら働くしかありません。
リンクしていただいている皆さんのブログを見られないのが悲しいです。
GWには心置きなく水槽いじりとカメラいじりをしたいと思います。

それまで、どうか忘れないでくださいね。
時間を作って、ちょこちょこ遊びにいきますので。

s-bita1.jpg

s-bita2.jpg

s-bita3.jpg

45Cのビタエニさんも元気です。
頑張っていきましょう。
  1. 2013/03/20(水) 23:36:32|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

訃報と傷害事件



訃報です。
彼が行方不明になりました。生存は絶望的です。
数日前から彼の姿がないことに気がついていました。

エンドラーズ1

エンドラーズです。
お年玉という呼び名で知られているタイプの種類でしょうか。

エンドラーズ♂2

彼を含め、多いときは♂が3匹いました。
最初のペアの♂と水槽で生まれた2匹です。
彼らの写真はほとんど撮っていなかったようです。
写真の彼は最後の1匹でした。

エンドラーズ♂3

こんなピンボケ写真ばかりがフォルダの中に残っていました。
グリーンネオンやその他のテトラは、水槽の中層を泳いでいるので、水面付近で泳いでいる彼らは水槽にアクセントをつけてくれていました。
おまけにエンドラーズは油膜も食べてくれます。
ブラックモーリーほどではないと言われますが、きれいな上に油膜やコケもついばんでくれるいいさかなです。

エンドラーズ♀

ただし、注意しなければどんどん子どもを産んで、増殖しまくります。
上の写真の地味なさかなは、メダカではありません。エンドラーズの♀です。
♀は♂に比べて体も大きく、エサに対しても貪欲です。油膜も♀のほうが食べてくれます。
おなかがパンパンになっても、他のさかなを押しのけてエサを食べ尽くします。
その旺盛な食欲と卵胎生のさかなの繁殖力に恐れをなしたぼくは、45cと60Pに♂と♀を隔離したのでした。

そして45cの最後の♂が水槽から姿を消しました。
60Pの♀は2年以上生きています。寿命も♀が長いようです。
水槽で異彩を放ち、ぼくの目を楽しませてくれてありがとう。
そうそう、繁殖の楽しさをぼくに教えてくれたのもこのさかなでした。
この先は60Pに残った3匹の♀をたいせつにしようと思います。



そして、またあの問題児がやってくれました。
いじめられて45cに避難していたアベニーです。
傷害事件を起こしました。
45cに移ってからも、おどおどしていたので油断していました。
やはり、アベニーはアベニーです。

かじられたヒレ1

ビタエニの尾びれもボロボロです。
最初は♂同士の喧嘩かと思ったのですが、インパイクティスケリーの尾びれもボロボロになっていたことで気づきました。

でも、アベニーを責めることはできませんね。
これが彼らの本能なんですから。

かじられたヒレ2

しかし、さすがに看過できるはずもなく、彼はアベニー水槽へ強制送還となったのでした。
インパイクティスケリーの♀なんて尾びれが半分ほどなくなっていましたからね。

アベニー水槽に戻った彼ですが、♀に追いかけられながらも引きこもりにはなっていません。
もし、ダメそうならアレに隔離しようかな。
アレもけっこうオシャレだし。

  1. 2013/02/10(日) 00:19:04|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

45cubeの菌とフグ


45c_20130129222812.jpg

現在の45cubeです。
いくらストック的な扱いとはいえ、もう少しなんとかせねば……
レイアウトだけではなく、もうひとつ深刻な問題が……
クロヒゲというか、べっとりとしたコケがおそろしい猛威をふるっています。
デジイチを買ったら、写真からコケが見えなくなって、レイアウトもすてきに見えるかなあ。(←問題のすり替えと現実逃避)

と、同時にもう1年以上になりますが、流木から謎の菌が生えています。

菌?1

菌?2

これです。
最初は気持ち悪いなあと思って、ピンセットで取り除いていたのですが、それほど悪さをするわけでもなく、大量に繁殖するわけでもないようなので、いまでは放置しています。
木酢攻撃で退治することはできます。
これはいったいなんなんでしょう?

この菌みたいなものの正体も気になりますが、ベットリゴケをどうにかしたい……
ろ材とパイプも木酢攻撃をして、リセットするしかないかなあ……


と、そんな最中にアベニー水槽では事件が勃発していました。

少しまえから

いじめっこ

この♀が、あべちゃんとは別の♂を追い回すことが多くなっていました。

いままではそれほど執拗に追い回していたわけではなかったのですが、ここ数日エスカレートをしていたように感じました。
追い回されていた♂も石の陰に引きこもって、エサが食べられなくなっていました。

さすがにこれはまずいということで、昨日45cへ♂を避難させました。

45cのフグ

45cのフグ2

もともと、びびりであまり懐かない子だったので、45cに入れても水草の陰からこちらのようすをうかがっていることが多いです。
ただ、今日はエサも食べてくれたし、しばらくこの水槽でのんびり暮らせばだいじょうぶだろうと思います。
まえの水槽よりもはるかに広くて隠れる場所も多いので、気に入ってくれればいいのですが。

いまアベニー水槽は、あべちゃんと♀の2匹ですが、あべちゃんはほかのフグにほとんど興味を示しません。
この2匹を連れてきたときは熱烈歓迎といった感じで、小さかった2匹が怖がるのも気にせずに、からだをスリスリとすり寄せてよろこびを最大限に表現していたんですが……

いじめっこの♀もあべちゃんにはちょっかいを出さず、3歩(3掻き?)下がって泳ぐというような大和撫子ぶりを発揮しています。好きなんでしょうね、あべちゃんのことが。(←フグの恋愛事情に興味をしめすオヤジ)
1度だけあべちゃんが怒って♀に噛みついていたのと、2、3度追い払っていた場面は目撃しましたが、それ以外は水槽正面の左上でプカプカ浮きながらエサを待っています。

ほとぼりが冷めたら、避難させた♂を戻そうと思っています。無理かなあ……
  1. 2013/01/29(火) 23:25:16|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ディープレッドホタルテトラ

ディープレッドホタル2

水草が短くなって、このさかなを再び目にすることができました。
ディープレッドホタルテトラ。
すごくきれいなさかなです。
びびりで水槽の前にまったく出てきてくれないのが珠に瑕です。

ディープレッドホタル1

ディープレッドホタル3

ディープレッドホタル4

なんでさかなってこんなにきれいなんでしょうか。
しかも、こんなにきれいなさかなが、褐色の川で群れて泳いでいる。
考えれば考えるほど不思議です。

うーん、こんなきれいなさかななのに、いい写真が撮れないのが残念だ。
コンデジでも工夫をすれば、もっといい写真が撮れるのでしょうけれど、ぼくの腕や探究心ではこのくらいが限界ですね。

というわけで、今週末、前厄の厄払いのあとにデジイチを買いにいくつもりです。
まあ、いいカメラを買えばいい写真が撮れるというわけではありませんが、腕のなさを少しは補ってくれるはずです。
カメラは仕事で使わせてもらうこともあるミドルクラスのアレを買うつもりです。
レンズはアレを買ってやる。
厄払いで散財しよう。
  1. 2013/01/24(木) 22:23:21|
  2. 生体【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。