水の中

水槽の記録をしています。

不定期記録60Pメンテナンス

メンテナンスというほどのもんではありませんが……

s-DSC_6980.jpg

メタハラの球を交換しました。
やらねばと思いつつ3年は放置していた気がします。
破裂する前に交換できてよかった。

それから大阪はこの数日、殺人的な暑さになっていますので、

s-DSC_6981.jpg

ファンもフル稼働です。水換え中の写真でお見苦しくてすみません。
44水槽なんてファン2台で夜と昼2交代制の24時間体制で水槽の水を冷やしています。
それでも30℃近い高水温に……
冬は冬で不安ですが、夏は夏で気苦労が絶えませんね。難儀な趣味です。

s-DSC_6988.jpg

苦労の甲斐あって? 水槽の中はそれなりに過ごしやすいようです。
ピンナティフィダは44水槽用に買ったのですが、あちらの水槽では死に絶えてしまいました。
すべて消えてしまう前に1株を60Pに避難させて、ソイル直植えにしました。
おかげでこの1株は順調に育っています。
まだ小さいですけどね。

s-DSC_6989.jpg

グリーンネオンがビビって隠れるので、追いかけて盗撮してみました。
ビビってんじゃねーぞ。

s-DSC_6993.jpg

メタハラ新球の効果でしょうか、ウィーピングモスの気泡が尋常じゃないです。
ちょっと黒いコケが付いている……

ピンナティフィダの気泡。
s-DSC_6995.jpg

もうちょっと寄ってみる。
s-DSC_7004.jpg

気泡の中にシマカノコガイが見える。
s-DSC_7000.jpg

気泡気泡気泡だ~!(←ネタがないので投げやり)
s-DSC_7001.jpg

最後は北の大地から届いた高級水草。
s-DSC_6999.jpg

めちゃめちゃ小さくなっちゃいましたけれど、こんな株があちこちに散らばっています。
せっかくのいただき物ですから、大きく育てないといけませんね。
こちらもソイルに直植えしましょうかね。
てな、ことで本日の記録でした。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/02(日) 21:37:42|
  2. ■60P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シマカノコガイ

水槽ガラス面の清掃担当といえば、石巻貝が一般的だと思います。
うちの水槽でも石巻貝かサザエ石巻貝しかいませんでした。

s-DSC_6667.jpg

ちょっと見にくいですが、これシマカノコ貝です。
どこにいるかわかりますか。
こいつはなかなかきれいでいいですね。
ちょっとデカいのが玉に瑕ですが、鑑賞面でいえば石巻貝よりはるかにいいです。
ただ、卵は産むし、清掃担当としての能力はどっこいどっこいという感じですね。

さて、水槽は本当にネタがなく、週1回の水換え、底床掃除をするくらいのものです。

土曜日に金閣寺と龍安寺へ行ったのでその写真でもUPしてお茶を濁そうと思います。

s-DSC_6925.jpg

s-DSC_6955.jpg

s-DSC_6933.jpg

s-DSC_6956.jpg
水槽やっている人にはお約束の石庭ですね。

s-DSC_6969.jpg

s-DSC_6947.jpg

s-DSC_6974a.jpg
さて、また明日から仕事だ~!
  1. 2017/06/25(日) 23:43:39|
  2. 生体【60】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不定期記録

s-DSC_6885.jpg
また放置してしまった。
一旦、更新を怠ると記録をつけていたことすら忘れてしまいます。
こりゃ病気だな。

さて、ちょっと前の60Pのようすです。
右の副石に活着していたほんのわずかなウィーピングモスがこんなことに。
モスって生長が遅いように感じますが、気づくと手に負えなくなっていますよね。
もう石の姿が見えやしない。

さかなは元気です。
グリーンネオンは1匹も死ぬことなく元気に太っていますが、人の姿を見るとびびって隠れてしまいます。
ディクロスス・フィラメントーサスのほうは、餌喰いの悪さを心配していましたが、おとひめを食べてくれるようになりました。
♀はだいぶ痩せていますけどね。

もうこの水槽もやることないし、水草を植え替えようかな。
後ろのソイルもけっこう崩れて前面にながれているみたいだし。
てな、ことでぼちぼちやっています。
  1. 2017/06/18(日) 15:35:00|
  2. ■60P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

定期記録20170222

s-DSC_6544.jpg
まあ、変わり映えしませんね。
ただし、中央右の石に破片がこびりついていたウィーピングモスがみごとに繁茂しています。
水換えのたびに黒ヒゲの付いたものを少しずつむしり取るんですが、スイッチが入ったようでぐんぐん生長します。

あと気がかりなのはディクロスス・フィラメントーサスの元気がないことです。
あいかわらずエサ喰いも悪いし。
この手の殺風景な水槽だと、かなりストレスがかかるんでしょうかね。
今さら44水槽に戻せないし、ブラインを与えて活性させないといけないですね。
  1. 2017/02/22(水) 22:47:44|
  2. ■60P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディクロスス・フィラメントーサス餌付け大作戦

ディクロスス・フィラメントーサスの餌食いが非常に悪いです。

s-DSC_6468.jpg
ちょっと前までは冷凍アカムシをそれなりに食べてくれていたのですが、今はほとんど食べてくれません。
ミナミの惨殺死体が何日か連続で転がっていましたが、今はミナミも食べていないような感じがします。
あの偏食屋のアベニーでさえ口にしたクリルグラニュールやテトラベタも、口には入れるもののペッと吐き出してその後はもう食べようとしません。

これはもうブラインわかすしかないなあ、と思いつつブクブクがないため皿式でやるしかない。
もう少し暖かくならないとブラインも孵化してくれません。(←ブクブク買え)
s-DSC_6469.jpg

s-DSC_6494.jpg
そうこうしているうちに、ある禁断のエサのことを思い出しました。
もともと海水魚の養殖で使用されていたという嗜好性抜群、さかながぐんぐん成長するというあの究極のエサです。
普通に買うと2kg入とか使いきれない量でしか販売していません。
でも、あるんですね、小分けにして販売している人がいるんです。
ネットならなんでも調達できちゃうんですね。
s-DSC_6497.jpg
その名も『おとひめ』!
ネットで調べる限りはこのエサすごいらしいんです。
溺れる者は藁をも掴む、の心境でおとひめに最後の望みを託しました。

結果……
s-DSC_6489.jpg
食べませんでした……

てかね、他のさかなもそれほど爆食いという感じではありませんでした。
いや、もちろんおいしそうに食べるんですが、こちらが考えていたほどではないかな、って感じです。
期待が大き過ぎたようです。まあ、勝手に期待し過ぎたこちらが悪いんですけどね。

s-DSC_6466.jpg

s-DSC_6467.jpg
ちなみにこの子たちはよく食べてくれました。

これはもうプラケに塩水とヒーター突っ込んでブラインわかすしかないようですね。
ブラインも新しいものを買わないとな。
これもおさかなの健康のためです。毎日は無理だけどがんばります。
  1. 2017/02/12(日) 22:30:10|
  2. 生体【60】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ