水の中

水槽の記録をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春近し

s-DSC_6644.jpg
最近30cm水槽の水上葉が一気に生長をはじめました。
やっぱり、植物って春が近いことがわかるんですね。
ストロジンは脇芽をたくさん出し、ロタラロトンジフォリアも茎を伸ばし光に向かって立ち上がっています。

来週あたりビオをやるしかないですね。
時間をとっていよいよ始動します!
メダカも飼うぞ~♪ えへへへ……げへへへ……(←春が近づくとこういう人が増えるので注意)
スポンサーサイト
  1. 2017/02/26(日) 23:40:36|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の国から2013 ~ブセ記念日~


届きました。
熱帯とは真逆の世界、北の国から高級草が。
送ってくださったのは、いつもお世話になっているのっけうしさんです。

こんな感じで厳重に梱包されていました。
ぼくと違い、仕事が丁寧です。

届きもの

中身はこちらです。
ブセファランドラ・カユラピス……で、いいのでしょうか。
ブセは縁がないと思っていたので、種類などもまったくわかりません。
しかし、高価な水草だということだけは知っています。

のっけうしさんの水槽で群生しているのと、keibocchiさんの水槽で花芽が出ている記事を読んで興味を示したら、のっけうしさんが背中を押してくださいました。
keibocchiさんにも煽られてしまいましたしね(笑)。

ともあれ、貴重な水草を2株も送っていただき、感謝感激です。
本当にありがとうございました。

ブセ1

うーん、葉っぱがうねうねしていて、おもしろいですね。(←どう鑑賞していいか、わからなくて不安)
どの水槽に入れようかなあ。

ブセ2

本来ならストック的な45cに入れるのですが、今あの水槽に入れるとコケまみれになることまちがいなし。
アベニー水槽と60Pに一株ずつ入れようかな。

ブセ3

そうだ、アベニー水槽をブセ増殖水槽としてみよう。
うん、アベニーとブセを愛でる水槽。うへへ。
いいなあ。60Pをリセットしたとき以来のワクワク感です。

のっけうしさん、この恩返しは必ずや。
取り急ぎ、ピンナティフィダをお送りしますので、しばらくお待ちくださいね。

のっけうしさんから、ブセが届いたので、今日はブセ記念日。(←キモい)
  1. 2013/02/15(金) 23:52:28|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水上の水草

オークロ水上1

アベニー水槽の外掛けフィルターで育てているオークロの水上葉です。
真冬ですが水は温かいため、ゆっくりとではありますが育っています。

オークロ水上2

この草は一般的ですが、好きな人が多いのではないでしょうか。
やわらかそうで、きれいで、密生感があって、丈夫で、育てやすくて……
前景から中景、レイアウトによっては後景までこなせる万能の水草ですよね。
ぼくの60Pでは、暴走してほかの水草をすべてのみ込んだこともありましたが……

水上葉も水中に負けず劣らず、きれいで育てやすいようです。

ピンナティフィダ水上

こちらは、水上突破を果たしたハイグロフィラ・ピンナティフィダです。
水草の水上葉は水面を突き破ってすぐは枯れてしまいますが(水中のつもりで葉を出したら、水上だったので枯れるの?)、こちらの新芽はすでに完全水上化していて枯れることはなさそうです。
んー、毛深い。

ヤマサキカズラ

最後はヤマサキカズラです。
根っこの伸びが恐ろしいです。
ある日、白くて太いなにかが砂から飛び出しているなあ、と思ってよく見ると、ヤマサキカズラの根っこでした。
2~3日で数cmは伸びていたように思います。
そりゃ、水槽の養分を吸うわけだ。

基本的にどの水槽もあまり手をかけずに、水草の生長にまかせっきりのスタイルなのですが、アベニー水槽はむかしからとくに手をかけることがありませんでした。
今回も水上葉をカットせず伸びるにまかせて、植物の力を楽しみたいと思っています。

おまえ水槽メンテが面倒なだけだろ、というおはなしです。
  1. 2013/01/16(水) 00:25:10|
  2. 水草【30】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。