水の中

水槽の記録をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブセカユを移動 ~そして育成へ~

s-DSC_3318.jpg

60Pでニューパールグラスに埋もれていたブセファランドラ カユラピス(のっけ産)を45cに移動させました。
もちろん成長を加速させるためです。
水槽手前の流木がステージのようになっていて、活着系を置くのにちょうどよかったのでブセを置いてみました。

60Pでニューパールの影になっていたおかげで、成長はゆるやかだったようですが、少しヒゲゴケが付いている程度の状態です。
今後は45cの水槽の状態が上がってくると思いますので、こちらで育成します。

s-DSC_3319.jpg

2株だったものを3株に分割して1株は水槽上部の流木の上に配置しました。
コケるかな。

s-DSC_3321.jpg

s-DSC_3322.jpg

s-DSC_3323.jpg

ソイル直植えも可能だということですが、ソイル面は有茎草で覆われてしまうので今回は流木の上で過ごしていただきます。
60Pも調子がいいから1株はそっちでソイルに植えてもいいかなあ。

s-DSC_3331.jpg
アピストとブセ

心配していた流木のアクは毎日の水換えで少しずつよくなっているようです。
タンニンや有機物の排出が多く、消灯時に呼吸が苦しそうだったさかなやエビが苦しそうな素振りを見せなくなってきました。
ただ、ガラス面に付着するベットリ緑ゴケが少し出てきています。うっすらとガラスが緑色になっている状態なので、なんとか踏みとどまっているといったところでしょうか。

s-DSC_3325.jpg
こちらは60Pのロタラです。
貧栄養水槽ですが、ソイルへテトラクリプトとイニシャルスティックを埋め込み、液肥もガシガシ添加して水草の調子もよくなってきました。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/29(火) 23:43:55|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

水草は……順調

リセット後の45cです。

s-DSC_3270.jpg

水草はすこぶる順調です。
毎日の換水の効果もあり、1週間を過ぎましたがコケもなし。
ニューラージパールグラスも微妙ですが、這い出してきました。ふふふ……
メタハラより蛍光灯のほうが相性がいいのかなあ。

s-DSC_3253.jpg

差し戻して30本から60本に増えたグリーンロタラの向こうにkotoriさんにいただいたロタラ・インディカ。

s-DSC_3305.jpg


kotoriさんにいただいたオークロです。

s-DSC_3297.jpg

ちょっとずつわけて植えました。

s-DSC_3298.jpg

ダメになりかけていたハイグロフィラ・ピンナティフィダとクリプトです。

s-DSC_3254.jpg

こちらもダメダメだったブリクサ。

s-DSC_3299.jpg

新しいソイルとトロフィカルベースのおかげで、軒並み復活しています。
ただし、流木の影響なのか、さかなやエビが少し苦しそうにしているのが気がかりです。
今は毎日の換水でだいじょうぶなのですが、今後、換水の頻度が減ったときに問題が起こらないか心配です。

そんな中でも水草を追加しました。

ベトナムゴマノハグサ

s-DSC_3302.jpg

わかりにくいですが、タイニムファ。1度育ててみたかったんですよね。でも、葉っぱが大きくなるしどうしようかなと思っていたんです。
まあ今回は流木もゴツいの入れたし、葉っぱも少々ゴツくてもいいかなと思って購入。なんだか生長がすごく早そう。
ちょっと楽しみです。

s-DSC_3293.jpg

ボルビティス。トロピカポットです。

s-DSC_3306.jpg

オーバルでしょんぼりしていたナナ・プチとミクロソリウム・トライデントリーフ。

s-DSC_3307.jpg

あとは、もとの住民たち。ピントが甘あまです……

s-DSC_3280.jpg

s-DSC_3284.jpg

  1. 2013/10/21(月) 22:51:51|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

女王の赤


 それは予定どおりにやってきた。

s-DSC_3223.jpg

s-DSC_3225.jpg

 レターパック――やわらかい雰囲気の送り主のイメージと違い、少しお堅い四角い厚紙の包みだ。
 中になにが入っているかは、開けずともわかっていた。

s-DSC_3226.jpg

 女性らしく丁寧な梱包をしている。脳裏に浮かんだのは理知的なひたいをした瞳の大きな女性の姿だ。おれは知らず、遠く離れている彼女に思いを馳せた。
 ふいに魚が水面をたたき、おれは我に返る。そうして視線を梱包に移すと、もどかしい手つきでビニールを剥いだ。
 ほのかに水と青臭く心地のいい匂いが鼻をかすめる。

s-DSC_3227.jpg

s-DSC_3228.jpg

s-DSC_3231.jpg

 ロタラ・インディカ

s-DSC_3229.jpg

s-DSC_3232.jpg

 オークロ

s-DSC_3233.jpg

 さらに浮き草まで――

s-DSC_3235.jpg

s-DSC_3240.jpg

 それからおれは、薄く、繊細なガラス細工を扱うような手つきで水草を水槽に浮かべた。
 その色は黄昏の空に翳したガーネットのようだった。妖艶な赤。それが彼女の色だ。
 


 て、ことで明日は水草ブログ女王ことkotoriさんからいただいた、ロタラ インディカとオークロを45cに植えようと思います。
 kotoriさん、ありがとう! すごくうれしいっす!
 赤い水草を買おうと思っていたんですが、kotoriさんのブログでインディカ差し上げますよーという記事を読んで思わず手をあげたら、快く「どうぞ」と仰ってくれたんですよね。

 60Pに植えようと思っていたのですが、とりあえず栄養豊富な45cでバンバン殖やしてから移植しようと思います。
 みなさんのおかげでアクア熱が復活してまいりました。
 がんばるぞー!

 そういうわけで、今日からkotoriさんのことを「赤の女神」または「赤の女王」と呼んで末代まで奉りたいと思います。子どもいないけど。

s-DSC_3241.jpg

s-DSC_3243.jpg

 水上葉たちも順調に水中葉になってきたようです。
  1. 2013/10/18(金) 23:19:24|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コケ退治しました

s-45cz.jpg

これがコケ退治前夜の水槽です。

45cz2.jpg

そしてこちらがコケ退治後の水槽です。
流木を取り出して木酢漬けにしてやりました。
水草もすべての葉っぱをこすり、コケをそぎ落としました。
これでしばらくはコケが出なければいいのですが……

なぜ、コケ退治に踏み切れたかといえば、やはりこの水草の存在です。

45cブセ

流木の裂け目に根っこをひっかけてみました。
この勢いでリセットを近いうちにします。
やはりアベニー水槽では水草育成に自信がなかったので、45cの環境改善をしてみます。

有給でも取ってやろうかしらん。
  1. 2013/02/17(日) 22:27:07|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

パールグラス


パールグラス1

一番好きな水草です。
みなさんよくご存知の水草、パールグラスです。
うちの水槽では最初期にお迎えした水草です。
最初は10本くらいだったかな。
水槽をはじめたころは水草を少ない本数から増やすのも、楽しみのひとつでした。
一般的な水草なら、差し戻しでどんどん増えるんですよね。

パールグラス2

うちではグリーンネオンに葉先をかじられることが多いみたいです。
おかげできれいな葉が意外と少ないようです。

パールグラス3

明るいグリーンをバックにさかなたちが泳いでいると、すごくきれいです。
1度、有茎草はパールグラスのみにして、水景をつくってみたいと思っています。
パールグラスの森。
育てやすいし、きれいだし、小さな葉も狭い水槽ではちょうどいい大きさです。

パールグラス4

ブセや希少種の水草にはまったく執着がないので、ぼくはやはり水草ライトユーザーなんでしょうね。
これからも一般的なさかなと水草を育てながら、水槽を楽しんでいきたいと思っています。
いつか、もっとマニアックな世界に足を踏み入れることになったら、いろんな方のブログで情報を収集しようと思います。

45cアベニー
↑引越ししたアベニー。元気にやっているみたいです。
  1. 2013/02/02(土) 19:59:02|
  2. 水草【45】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。